2011年03月22日

もうひとつの風評被害

またおおきな独り言・・・。

被災地ではガソリン・灯油が不足まったくありません

スタンドの店員さんによると、

原発の影響なのでしょう

「福島県」と言うだけで、陸運業者が二の足を踏み、

なかなかタンクローリーが県内に来ない  
そうで

風評被害が著しいので、もう暫くは、我慢との事だそうです・・・。

私は田舎に住んでいるので車がないとどこへも

外出することができません。

ですから震災が起きてから極力外出を控えて

給油せずに頑張ってきました。

灯油も切り詰めるように室内でもマフラーを首に巻いて

何枚も重ね着して過ぎしてきました。

でも もう12日目です。

もうそろそろガソリンや灯油 どうにかならないものでしょうか?

3月とは言えまだまだ寒い福島県です。

食料もほとんどない、ガソリンが無くて移動もできない、

灯油が無くてあたたまることもできない、

被災地では余震・原発以外にも不安だらけの中で

人々が生きています。




福島県の佐藤雄平知事に、東電の清水正孝社長から

謝罪訪問の申し入れ
 があったそうです。

しかし東電側に

「社長以下、死力を尽くして

一刻も早く事態の収拾にあたるべきだ」
 と

伝えて訪問を断ったそうです。

佐藤雄平知事の態度は当然のことだと思います。

そうですよね、今 謝罪の訪問をしている場合ではありませんよね・・・

今一番大切なことは一刻も早い事態の収拾です。
 
トップにはしっかりしていただきたいものです・・・。


ニックネーム COCOママ at 16:44| Comment(4) | 東北関東大震災 | 更新情報をチェックする

大切な牛乳が風評被害で・・・

こんにちは、COCOママです

今日のCOCO地方は曇りでこれからお天気が崩れるそうです

今日はおおきな独り言を言わせてください。

COCO地方では今 風評被害が起きています

福島県内の牛乳から食品衛生法に基づく放射線量の

基準値を超える数値が検出されたと報道されました。

それは紛れもなく事実のようです。

しかし、原発から100km以上も離れている

会津中央乳業の牛乳・乳製品も

首都圏から出荷のキャンセルが相次いでいるそうです。

今 COCO地方ではスーパーに行っても牛乳・乳製品が

無くなっていて買うこともできない状態なのに

安全な地元の乳製品が風評被害にあっているなんて

なんてことでしょう・・・・・

悲しすぎます・・・

原発がある「福島県」ってだけで

みなさん何もかも避けてはいませんか?

どうか情報をよく聴いてください!

そして理解して、的確な判断をしてください!

このままでは福島県がダメになってしまう・・・

大好きな福島県を見捨てないでください。

太平洋より日本海のほうが近いんです。

全国のみなさん、冷静な対応をお願いいたします。


ニックネーム COCOママ at 10:01| Comment(6) | 東北関東大震災 | 更新情報をチェックする