2011年03月10日

無力・・・

こんにちは、COCOママです

昨日は私の両親が遊びにきました

その時、聞いたお話を少しさせてください・・・・・



母が我が家に来るなり

「COCOちゃんは幸せなわんこだね〜・・・」と

なんだかせつなそうな声で言いました

いつもと違う母の様子がとても気になって

どうしたのかたずねてみました。

すると

母「家に前の犬なんて、いなくなってしまったんだよ・・・・・」

COCOママ「えっ?どうして??」

母「ずいぶん前になるんだけど、外でなんだか騒いでいる音が

    聞こえたと思ったら、外にいた3頭のうち2頭がいなくなっていて、

    残りの1頭も鎖が外れていて外でうろちょろしていたの。

    だからお母さん残っていた1頭を捕まえて

    つないであげたの。

    でも、2頭はどこかに行っちゃったの・・・・」

COCOママ「そうなんだ・・・」

それから数日後、実家の前に一台のワゴン車がきたそうです。

母が気になってたずねてみると保健所の方でした

母は数日前にあった出来事をお話すると

「この犬ですか?」と

二枚の写真を見せてきたそうです。

その写真はまぎれもなくお向かい家のわんこでした・・・。

もしかしたら保健所の方はお向かいにたずねに来たのかもしれませんが

お向かいさんは忙しくてほとんど家にいないので

会えなかったのでしょう

それから数日後、母がやっとお向かいさんに会えたので

今までのことをお話すると

「そうですか、わかりました。」と言ったそうですが

それからずいぶんの期間が過ぎたようですが

2頭のわんこの姿を見ることはなくなってしまったそうです・・・・。

母は2頭のわんこがかわいそうで父に

「家で引き取ろう!」と言ったそうですが

年金暮らしの両親、それに2頭のうち1頭は大型犬。

やっぱり無理でした。



私も実家に遊びに行くとそのわんこ達がかわいくて

いつも可愛がっていました。

特に大型犬のコはとてもお利口で

飼い主さんにほとんどかまってもらえなかったのに

とても穏やかで癒されるコで、私 大好きでした・・・



その方のお宅にはまだわんこがいて、うちの中で飼っている子は

可愛がってもらっていたようですが

外にいた子たちはほとんど放置されていた感じでした。

ふつう室内飼いの小型犬も

新しいわんこを飼うと 外飼いになっていましたもの・・・。



注射も「お金がかかるから2頭だけにしているんです」と

母に平気で言うお向かいさん・・・

それなのになぜまた新しいわんこを飼おうと思うのか

私にはまったく理解ができません・・・



子供も親を選ぶことができないといいますが

ペットも飼い主を選ぶことができません。

あんなにいい子だったのに・・・・悔やまれて仕方がありません。

自分の無力さにただただ泣けてきます・・・

そんなことを考えていたらあまりのショックで

昨夜からめまいをおこして寝込んでしまいました。

精神的に弱いな私・・・



きっとあのこたちはこの世にはもういない・・・

なぜこんなことに・・・・

自分勝手に尊い命を・・・・

ただ悔しいです。


P3091126 - コピー.JPG


あのこ達にもこんな幸せな時があったのかな・・・



今度この世に生まれてくる時には

私がママになってあげるからね・・・



今はあのこ達がただ心穏やかにお空で

過ごすことを祈るばかりです



日本もわんこの飼い方はドイツを見習った方が

いい時がきているのかもしれませんね・・・


ニックネーム COCOママ at 11:40| Comment(7) | ペットログ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
例えば「子は親を選べない」という言葉があるけど
人間の場合、人生は自分で切り開くことができる。
でもワンコは引き取られたお家で運命が決まってしまいます。
まぁ、室外犬より常にそばにいる室内犬の方に情が移るのは理解できないことはないけど・・・
最低限、飼い主としての責任は果たして欲しいよね。
アメリカの場合、州によるけど1軒あたりの飼育個体数が法律で決まってたり
飼育環境の指導が徹底してたりと聞きます。
動物警察が本当に必要ですよ。

日本にも動物愛護管理法ってあるけど
イマイチ機能していないような・・・

動物の保護活動をしている方々は沢山いますが
実際自分ができるかといえば、多分無理でしょう。
ただ、今目の前にいる命だけは一所懸命守っていく覚悟はあります。
だからCOCOママさん。自分だけが無力だなんて思わないで。
ワタシも無力なひとりだから。

Posted by 3105 at 2011年03月10日 16:46
酷い話です・・・
怒りがこみ上げて来ます!!

しかもそんな酷い人がママさんの実家の前の人だなんて・・・
お母様も毎日気になって思い出してしまいますよね〜!!
お母様とCOCOママさんの精神的な事が心配になります〜。

本当に可哀想で辛いですね

私たちは、今、目の前の命を精一杯守ってあげましょう〜*
元気出して下さいね。
Posted by たまママ at 2011年03月10日 18:58
3105さんへ四葉

3105さん、こんばんは
3105さんのおっしゃるとおり
わんこは引き取られたお家で
運命が決まってしまいますものね・・・
運よく新しい飼い主さんに出会える子もいますが
きっとそんな子もまれですよね。

アメリカも指導が徹底されているの
ですね
あまりにも大切にされているわんこと
可愛そうな状態にされているわんこが
二極化しているので
日本でも必要になってきていると
思います

私にも動物の保護活動は現実的に
無理だと思います。
理想と現実って難しいですよね・・・

3105さんのおっしゃるように
私も娘のCOCOのことだけは
しっかりと守っていきたいと思います

3105さん、優しい言葉ありがとうねかわいい


Posted by COCOママ at 2011年03月10日 21:17
たまママさんへ四葉

たまママさん、こんばんは
本当に、本当に、酷い話ですよね・・・
このやるせない気持ちを
どこにぶつけていいのかわからなくて
ついブログにつづってしまいました・・・。

母も以前からお向かいの方の
わんこの飼い方が気になっていて
可愛そうで内緒でおやつなどを
与えていたようです。
可愛がっていたわんこだから
ショックも大きかったようです。

私もショックで今もめまいが止まりません。
私は自分以外の問題でも
いつも自分のことのように
受け止めてしまう性格なので
こんなことがあると
かなりまいってしまいます。
たまママさんご心配かけてしまって
ごめんなさい
しばらくして治らなかったら
めまい止めの注射をしてもらいに行きますので
心配しないでくださいね顔(汗)

たまママさんのおっしゃるように
目の前の命を精一杯守ってあげたいと
改めて思いました

たまママさん、本当にありがとうかわいい
Posted by COCOママ at 2011年03月10日 21:29
COCOママさん、こんばんは。
悲しいですね。泣けてきます。
COCOちゃんもうちの2匹もそうですが、こんなに可愛がってもらえる
家族と出会える子もいれば、そうでない子もいっぱいいるんですよね。
それが現実なんですよね。ブログをやるようになってそういう現実を
いっぱい見る機会が増えました。そのたびに泣けてしまって。。
お向いさんのワンちゃんはどんな事を思いながら最期を迎えたんでしょうね。
次に生まれ変わってくる時には、私の所にも来てほしいな。
これでもか!ってくらいの愛情を注いであげるから!
だから今度こそだよ、絶対だよ!
Posted by ようちん at 2011年03月10日 22:55
ようちんさんへ四葉

ようちんさん、こんにちは
本当に悲しいことですよね・・・
最期のことを考えると
どんなに辛く恐ろしいことだったか・・・
胸が苦しくなります・・・

ようちんさんに飼ってもらえたら
本当に幸せな犬生をおくることが
できると思います

来世では絶対に
幸せになってもらいたいですよね

ようちんさん、ありがとうかわいい
Posted by COCOママ at 2011年03月11日 10:28
ご実家のお隣のわんちゃんて、以前にもCOCOママさんのブログで紹介されてましたよね。
そうですか・・・かわいそうに。
お母様に抱っこされたCOCOちゃんは安心しきって幸せそうな顔をしてますね。。

わんこにとって、飼い主がすべて。
どんな気持ちで最後を迎えたのか・・・もうやだ〜(悲しい顔)



東北で大きな地震が起きたようですね。
大きな津波も観測されてますが
大丈夫ですか?
Posted by ココママ at 2011年03月11日 15:28